当ブログでは、恋愛経験のない人がいち早く童貞を卒業するための手法として「出会い系アプリ」を使ったやり方を推奨している。(なぜ出会い系アプリをお勧めするかは下の記事を参考にしてほしい)
 
 
しかし、出会い系アプリに登録してからどのようにしてセックスに至るか、なかなかイメージがしづらいだろう。恋愛経験がないものはなおさらだ。
 
そこで前回は出会い系アプリに登録してからデートに至るまでのフローを紹介した。
 
 
今回は、デートでセックスを達成するコツを紹介する。
 
 

基本は居酒屋デート

 
出会い系でのデートは基本的に居酒屋デートがお勧めだ。なぜかというと、アルコールというのは人の思考力、特に理性を抑える働きがあるからだ。これにより、女性のセックスまでのハードルがだいぶ低くなると言える。だから、女性にお酒を飲ませるために居酒屋に行くのだ。もちろんバーやレストランなど、お酒があるところであれば構わない。
 
また、もしもあなたがお酒を飲めないとしても関係なしに居酒屋へ行こう。こちらが飲めなくても、お店へ連れて行けばあちらは普通に飲んでくれるはずだ。
 
 

一人暮らしなら家の近くがいい

 
もしもあなたが一人暮らしをしていた場合、セックスを行う場所は自宅にすべきだ。なぜホテルではダメかというと、ホテルに入るまでのハードルが高すぎるからだ。ホテルに入るには、女性がセックスの覚悟を決める必要がある。この覚悟を決めさせるということが意外と難しい。一方で家だとどうかというと、セックス以外の目的を提示して中に誘い込むことが充分できる。お酒を飲み直そう、映画を見ようなどと、理由は無限にあるだろう。そうして中に入れることができれば、環境は整った。あとはなし崩し的にセックスに持ち込むことができる。家は、ホテルと比べ自由度が高いのだ。だから居酒屋で飲んだあとは、家に誘い込むというイメージを描いておこう。
 
居酒屋から家へとスムーズに連れ込むために重要な要素が、二つの距離感だ。居酒屋と家は近い方がいい。もっというと、居酒屋から駅までの道のりに家があるといい。そうすると、居酒屋から出て歩いている時に自然な流れで家へ入ることができるからだ。家の場所は移動できないので、居酒屋の場所を考えて選ぶようにしよう。
 
 

セックスを誘ってグダを崩せ、粘れ

 
女性をセックスに誘った時、女性に断られるケースというのは本当に多い。しかし、断られたからといって諦めては行けない。女性は、本音と建前の生き物だ。言葉では形式上断っているだけで、本音では押されたらやってもいいと考えていることは本当に多い。また、セックスを断られたら女性を説得することを覚えてほしい。これを業界ではグダ崩しという。このグダ崩しこそが本当の戦いだと考えている人もいる。最初はセックスを断っていた女性を説得して結果抱けたというケースは本当に良くある。だから、もしもセックスを断られても粘ることをしよう。