皆さんはキャッシュバッカーという存在を知っているでしょうか?
 
キャッシュバッカーは、出会い系サイトを利用する上で知っておくべき存在です。特に男性にとっては、キャッシュバッカーの知識があるかないかで、出会える効率が変わります。
 
今回は、キャッシュバッカーについて解説します。
 
 

キャッシュッバッカーとは

 
キャッシュバッカーというのは、出会い系サイトの「キャッシュバックシステム」を利用してお金を稼ごうとする人たちのことを言います。
 
キャッシュバックシステムというのは、アプリを利用することで、お金が還元される仕組みのことです。例えば、イククルなどの出会い系サイトは、自分に来たメールに対して一回返信するごとに5円ほど還元されます。この比重は出会い系サイトによって異なります。
 
また、キャッシュバックシステムは基本的に女性にしか適用されません。多くの方がご存知の通り、一般の出会い系サイトでは男性がメールを送ると、逆に一通50円ほどかかります。同じ、メールをするという行為でも、男性はお金がかかり、女性はお金をもらえるのです。
 
女性が優遇されすぎではないかと思うかもしれませんが、それでもサイト内の男女比というのは、7:3といった具合に、男性の方が多くなるのが普通です。それだけに、男女に待遇の差を与える必要性があるのです。
 
そして、このキャッシュバックの仕組みを使って、お金を稼ごうとするのが、キャッシュバッカーです。つまり、キャッシュバッカーは基本的に女性、もしくは女性として登録しているユーザーです。
 
 

キャッシュバッカーの厄介な点

 
ここまで、キャッシュバックーとは何か、について話しました。ではキャッシュバッカーの一体何が厄介なのでしょうか。それは、キャッシュバッカーが「お金を稼ぐためだけに出会い系サイトを利用している」という部分にあります。
 
キャッシュバッカーというのはサービスを利用してポイントを貯めて、お金に換金するためだけにサイトを利用しています。つまり、男性と出会う気が全くないのです。
 
だから、全く出会う気もないのに男性とメールをします。これにより、キャッシュバッカーとメールをしている男性はお金と時間を無駄にするのです。
 
さらに厄介なことに、キャッシュバッカーというのは、一般の女性ユーザーを巧みに装っています。なぜなら、キャッシュバッカーとメールをしたがる男性はどこにもいないからです。だから、キャッシュバッカーは男性を欺いて、メールをするのです。そして、それに気づかずに真面目に出会おうとしてメールをする男性が損をするという構図です。
 
これがキャッシュバッカーの厄介な部分です。もちろんキャッシュバックの仕組みは、普通に出会い系サイトを使っている女性が利用する分には問題ありません。しかし、このシステムを利用して、お金を稼ぐ職業が生まれてしまったという意味では、課題が残っています。
 
 

キャッシュバッカーの危険性

 
キャッシュバッカーの問題について紹介しましたが、キャッシュバッカーには一体どのような危険性があるのでしょうか。
 
実は、キャッシュバッカーに関わることで危険な目にあうということはありません。キャッシュバッカーはもちろん悪質ではありますが、援交デリヘルのような違法性はないため、そこまで危険性はありません。
 
しかし実害を言うならば、単純にお金と時間を無駄になることでしょう。先ほども話しましたが、キャッシュバッカーは巧みに女性を装っているので、正確に見極めないと、メール代が無駄になります。
 
次に、キャッシュバッカーがどのように手口を使ってくるのか見ていきましょう。
 
 

キャッシュバッカーの手口

 
キャッシュバッカーはとにかく魅力的なプロフィールで、男性を引きつけます。例えば、プロフィール写真は、美人の画像を使ったり、プロフィール文章には、ややエロを匂わせるような内容を書いていることが多いです。もちろん、これらのプロフィールの写真や内容は事実無根のものでしょう。キャッシュバッカーはお金稼ぎのためにやっていますし、出会わないことを前提としているので、嘘を書いてもバレることがないのです。
 
そしてキャッシュバッカーは、自分から男性ユーザーにメールを飛ばし、メールのやり取りを展開させます。キャッシュバッカーはメールのやり取りが多くすればするほど儲かるので、できるだけメールを長引かせようとしてきます。
 
ただし、もちろん素っ気なくメールをしてしまうと、男性ユーザーは「出会えなさそうだな」と感じて離れていってしまうので、キャッシュバッカーはできるだけ出会えそうな感じを出しながらメールを続けるのです。そして、キャッシュバッカーはもちろんLINEなどの交換はしませんし、男性からLINEを誘われても「もう少し仲良くなってから交換したい」などと言って拒みます。
 
 

キャッシュバッカーは儲かるの?

 
イククルにはキャッシュバッカーが蔓延していていますが、実際にキャッシュバッカーは儲かることができるのでしょうか?この答えとしては「慣れないと難しい」というものでしょう。
 
イククルでは、女性は自分に来たメールに返信することで5G(五円相当)をもらうことができます。これで1時間に1000円稼ぐためには、200通を送信しなければなりません。もっと細分化すると、1分で3〜4通送る必要があります。これは慣れないと難しいでしょう。
もちろん、適当に文章を送るだけであれば、1分で何通も送れるとは思いますが。しかし適当な文章を送ってしまうと、男性にキャッシュバッカーであることがバレてしまうので、少し凝らないといけません。なので、キャッシュバッカーで稼ぐことは簡単ではないですし、別のバイトをした方が普通に効率がいいです。
 
ただし、キャッシュバッカーで稼ぐことのメリットは、他にあります。それは、誰でも稼げるということと、どこでも稼げるということです。キャッシュバックでお金をもらうことは、イククルに登録しさえすれば誰でもできます。また、イククル内でメールをすることは、電車に乗っているときなどの暇な時間であったり、家でダラダラしながらでもできます。
これがキャッシュバッカーのメリットだと言えるでしょう。
 
 

キャッシュバッカーの見分け方

 
キャッシュバッカーの見分け方としては、女性からのメールに「どれだけ人間味があるか」を見ることがポイントです。
 
というのもキャッシュバッカーというのは簡単に稼げるものではないのです。一通一通で稼げる額というのは少ないので、とにかく数を稼がないといけません。そのため、キャッシュバッカーは同時並行的にたくさんの男性とメールをしていますし、一人一人に時間をかけていないのです。
 
だから、キャッシュバッカーが送るメールというのは粗雑になりがちです。文章が「一言だけ」ということもあります。これがキャッシュバッカーを見分けられる部分です。
 
普通の女性であれば、興味ない男性に対しては基本的に返信しません。なぜなら返信する時間が勿体無いからです。だから、普通の女性が、一言だけ返信する、ということはあまり起こりえません。
 
だから、女性からいかにも雑な文章が送られてきた際には、相手がキャッシュバッカーであるという可能性を考えましょう。
 
 

まとめ

 
今回はキャッシュバッカーについて紹介しました。
 
キャッシュバッカーは出会い系サイトに今でも多く存在する厄介な存在です。キャッシュバッカーに騙されて損をしないためにも、正しい知識を身につけて注意することが大切です。